映画『メランコリック』”銭湯”上映会を成功させたい!!

映画

東京国際映画祭2018受賞作品、アップリンクほか全国ロードショー上映記念イベントです!

 
達成率 達成金額 残り
82% 411,500円 3日
現在の達成金額 411,500円
目標金額 500,000円
支援募集終了まで 3日
支援した人数 35人
82%

このプランは 2019年6月27日 の募集期間が終了した時点で、500,000円以上集まった場合のみ、決済が行われます。

このプランについて

銭湯イベント上映とは??

映画✖︎銭湯での新たな映画体験

8月からアップリンク渋谷から全国順次公開される、映画『メランコリック』の本上映前に、映画の舞台である銭湯にフォーカスを当て、本物の銭湯浴場内で上映会を実施するというイベントです。

映画は内容のみではなく、見る環境の影響の割合も大きいのではないか??

それがまず初めにこの企画を思いついたきっかけでした。

普段映画を鑑賞する環境は、映画館、テレビ、スマートフォン等で見る方が殆どだと思いますが、銭湯という空間で映画を観て頂き、新鮮な映画体験をして頂きたいと考えました。

そして、映画というのは様々な環境と繋ぐことのできるツールだとも考えています。
 

映画の多様性

インディーズ映画というのは、TOHO,109シネマズのようなシネコンと呼ばれる場所で上映されるような機会はあまりありません。そして正直な話、宣伝の資金的な面でテレビ、大規模広告などのマスメディアは使用できず、一般の方に情報さえ入らず、目に触れず終了してしまうことが多々あります。これだけ情報が溢れてる世界で映画に関しても何をチョイスしていいか分からず、生活している中で映画というものの存在意義も薄れている気がします。

そこで今回、銭湯という環境で映画が結びつくことを一つの例として、今後映画が多様な存在として少しでも人々にとって身近になって頂けたらという願いも込めて、実施させて頂きたいと思いました。

 

上映イベント概要

日付:2019年6月29日(土)

時間:12:00〜15:00 (開場12:00、上映開始12:30〜)

   17:00〜20:00 (開場17:00、上映開始17:30〜) 全2回実施

*映画の上映時間は約2時間になります

来場予定数:40人(一回20人)

会場:改良湯

改良湯とは : 創業100年を超える渋谷区東の老舗銭湯。2018年末にさまざまな世代や人、文化が交差する銭湯「渋谷CROSSING」をコンセプトに、ロゴデザインも刷新するリニューアルを実施。今最も注目を集める銭湯のひとつです。

 

 

       

 

  

 

https://kairyou-yu.com

住所:〒150−0011 東京都渋谷区東2−19–9 金山ビル

アクセス: 東急東横線 代官山駅から徒歩13分
           渋谷駅から徒歩15分
       JR山手線 恵比寿駅から徒歩10分

 

⬛︎イベント内容

・映画『メランコリック』上映

・キャストご挨拶

*チケット購入時は時間のお間違いだけご注意下さい

 

映画『メランコリック』とは??

・2018年11月東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞

・2019年5月イタリアウディネファーイースト映画祭新人監督作品賞   

(c)2018TIFF

俳優・皆川暢二、磯崎義知、監督・脚本、田中征爾の31歳の同年代3人で結成した

映画製作ユニットOneGooseの初長編作品。

本作は製作費300万円の自主体制で製作された映画です。

去年の東京国際映画祭では変幻自在なストーリー展開に心を揺さぶられたと、観客からは多数の反響が寄せられました!

*記事掲載メディア

・『メランコリック』上映リリース webDICE

http://www.webdice.jp/topics/detail/5791/

・イタリアウディネファーイースト映画祭

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00000039-nataliee-movi

 

 

 

◼️ストーリー

”バイトを始めた銭湯は、深夜に風呂場で人を殺していた――!?” 名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たま たま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働く こととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」 として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らか になり...。

『メランコリック』公式ホームページ
↓↓↓

https://www.melancholic.jp

 

◆コース特典紹介

*オリジナルグッズに関しては銭湯にちなんだ特別グッズをご用意しています!

①銭湯上映鑑賞券チケット

・銭湯上映鑑賞チケット

・メランコリック オリジナルグッズ(Tシャツ・ステッカー)

 

②メランコリック オリジナルグッズ

・Tシャツ

・Tシャツのサイズに関して(サイズ目安)以下の3サイズでご用意致します。
 M(女性向け)
 L (男女兼用)
 XL(男性向け)
※サンプルが上がり次第、随時活動状況に更新いたします。

・エコバック

 

・手ぬぐい

・うちわ

・ステッカー

 
 

※デザイン、お渡し日が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

 

目標

今回50万円を目標金額とし達成したら下記の経費として使用させて頂きます。

8月からアップリンク渋谷で上映も始まり、このイベントを実施して『メランコリック』も併せて盛り上げていきたいと思いますので是非ご支援の方を宜しくお願い致します!!

経費内訳

場所代 5万
スクリーン・音響代 20万
リターングッズ 20万
ケータリング 10万
イベント運営費用・備品 7万

計63万

 

起案者プロフィール:皆川暢二(ミナガワ  ヨウジ)

OneGoose代表。本作では主演&プロデューサーを務める。大学卒業後俳優の道に進み始める。
小劇場の舞台を中心に活動をしていたが2014年、語学留学と海外を知るためワーキングホリデーでカナダへ。
そのままアメリカについても興味が湧き、カナダから自転車で国境を渡りアメリカを駆け巡る。約8000kmを3ヶ月かけて漕ぎ進み、最後はニューヨークに到着。最後はブロードウェイを見てカナダ、アメリカの海外生活一年間を経て日本に帰国。帰国後は映像を中心に活動していたが、「俳優は受け身ではダメだ」と思い、本作『メランコリック』を製作。とにかくトライすることをモットーに、来年は韓国での合同映画製作も企画中。

OneGoose

OneGoose

現在地:
未設定
出身地:
東京都

俳優・皆川暢二、磯崎義知、監督・脚本、田中征爾の1987年生まれの同級生3人の映像クリエーターチーム。
初長編作品『メランコリック』が2018年東京国際映画祭スプラッシュ部門監督賞、イタリアウディネファーイースト映画祭新人監督作品賞を受賞。

次回作は韓国との合作を企画中!

このプランは 2019年6月27日 の募集期間が終了した時点で、500,000円以上集まった場合のみ、決済が行われます。

3,000円

数量限定:上限無し

【全国共通鑑賞券+オリジナルステッカー】
・全国共通鑑賞券(前売券)1枚
・オリジナルステッカー 

9人が支援

申し込む

5,000円

数量限定:上限無し

【オリジナルグッズコース】
・エコバッグ
・手ぬぐい

2人が支援

申し込む

8,000円

数量限定:上限無し

【全国共通鑑賞券+オリジナルグッズコース】
・全国共通鑑賞券(前売券)1枚
・エコバッグ
・手ぬぐい
・うちわ
・ステッカー

0人が支援

申し込む

10,000円

数量限定:12

【銭湯イベント+オリジナルグッズコース】
・銭湯イベント12時の回参加券
・Tシャツ
・ステッカー

6人が支援

残り6

申し込む

10,000円

数量限定:12

【銭湯イベント+オリジナルグッズコース】
・銭湯イベント17時の回参加券
・Tシャツ
・ステッカー

2人が支援

残り10

申し込む

15,000円

数量限定:5

【銭湯イベント+グッズフルコース】
・銭湯イベント17時の回参加券
・Tシャツ
・エコバッグ
・手ぬぐい
・ステッカー
・うちわ

5人が支援

残り0

数量限定に達しました

15,000円

数量限定:5

【銭湯イベント+グッズフルコース】
・銭湯イベント12時の回参加券
・Tシャツ
・エコバッグ
・手ぬぐい
・ステッカー
・うちわ

5人が支援

残り0

数量限定に達しました

20,000円

数量限定:3

【オールフルコース】
・銭湯イベント12時の回参加券
・全国共通鑑賞券(前売券)1枚
・Tシャツ
・エコバッグ
・手ぬぐい
・ステッカー
・うちわ

3人が支援

残り0

数量限定に達しました

20,000円

数量限定:3

【オールフルコース】
・銭湯イベント17時の回参加券
・全国共通鑑賞券(前売券)1枚
・Tシャツ
・エコバッグ
・手ぬぐい
・ステッカー
・うちわ

3人が支援

残り0

数量限定に達しました