小豆島にアートとエンターテイメントの山を作る。

アート

小豆島発・滞在型カルチャースポット「shodoshima 开 KAI」2019年春、新たに展開!

小豆島にアートとエンターテイメントの山を作る。

 
達成率 達成金額 残り
34% 303,400円 31日
現在の達成金額 303,400円
目標金額 880,000円
支援募集終了まで 31日
支援した人数 32人
34%

このプランは 2019年4月21日 の募集期間が終了した時点で、880,000円以上集まった場合のみ、決済が行われます。

このプランについて

ロゴデザイン:平野甲賀


はじめに
はじめまして。俳優の松之木天辺(まつのきてっぺん)と申します。
2017年に縁あって小豆島へ移り住み、内海(うちのみ)湾を眺望する宮山(みやま)の山腹に「Theater 箱舟」「民泊 teppen」をオープンしました。3年に1度の瀬戸内国際芸術祭が開幕するこの春、東京より料理人・古田一州氏を迎え、劇場の一角に食を楽しむ「食卓 disshu(ディッシュー)」を、さらに、劇場に隣接するトタン小屋を改築し、創作、展示など、使い手の自由に使える空間「Atelier tatin(アトリエ タタン)」を新設します。



小豆島は元来、江戸時代からおよそ300年もの間、島民による農村歌舞伎舞台が継承されてきた芸能の島。その確固たる土壌の上に、劇場=「Theater 箱舟」、宿泊=「民泊 teppen」、食=「食卓 disshu」、創作=「Atelier tatin」を有機的に結びつけたMountain of Arts & Entertainment「Shodoshima 开 KAI」を新たに展開します。

Theater 箱舟
「Theater 箱舟」では、この2年間、「財団、江本純子」や「文学座」有志など、島外からパフォーマーを招聘して演劇の滞在制作を行うなど、様々なジャンルの公演を上演してきました。日本舞踊やフラダンス、小学生男子2人組など、魅惑の小豆島ダンサーズと共に開催したダンス・イベント「大人ディスコあけみ in小豆島」での熱狂の一夜を経て、この秋には、オール島民キャストによるオペラの上演も計画しており、「Theater 箱舟」は、エンターテイメントを楽しむ空間でありながら、地域に根付いた文化発信の拠点に
もなりつつあります。小規模ながらも、劇場照明は、舞台照明家の中山奈美氏、新設予定のステージは、舞台美術家の加藤ちか氏が監修し、島にいながらにして上質な舞台芸術が楽しめる環境が着々と整っています。

 

「Theater 箱舟」公演記録
2017年
ダイナマイトしゃかりきサ〜カス(アカペラ)60名

ソワレ(シャンソン)62名
ラブリー恩田(クラウン)72名

財団、江本純子vol.10+Theater箱舟『あなたはわたしのシネマなの』

(演劇・小豆島滞在制作)110名



2018年
ダイナマイトしゃかりきサ〜カス(アカペラ)46名
清水宏(スタンダップコメディ)40名 *共催:シアター・デザイン・カンパニー
文学座有志×Theater箱舟『赤い蝋燭と人魚』(演劇×ダンス・小豆島滞在制作) 50名
「大人ディスコあけみin小豆島 ~小豆島ごと抱きしめて~」60名
 *小豆島ダンサーズ参加


2019年の予定
アップリンク配給作品上映会+ヴィヴィアン佐藤トークショー
大人ディスコあけみin小豆島 vol.2 *瀬戸内ダンサーズ参加予定
新作ふたりミュージカル 台本:エスムラルダ 出演:福麻むつ美・松之木天辺
松之木天辺 新作ひとり大衆演劇 *ロングラン予定
松之木天辺 シャンソンショー*夜な夜な上演予定
オペラ『セロ弾きのゴーシュ』作:宮沢賢治 作曲:林光 *島民キャストによる上演予定
ほか多数企画中



加藤ちかさんによる「食卓 disshu」「Theater 箱舟」図面
 


「民泊 teppen」
「民泊 teppen」には、オープン以来世界各国260組以上のゲストが訪れ、一緒に食事を作って食べたり、お酒を飲んだり、歌ったり、踊ったり、旅したりと、大規模な宿泊施設ではなかなか味わえない草の根の交流を重ねてきました。ゲストからの愛あるレビューのおかげで、2018年4月より、民泊サイトAirbnbのスーパーホストに認定。小豆島の空き家に眠っていた工芸品や装飾品、昔の生活道具などがポップに甦り、民泊のあちらこちらを彩ってくれています。

Airbnb「民泊 teppen」





「食卓 disshu(ディッシュー)」
この春、劇場の一角に新たにオープンする「食卓 disshu(ディッシュー)」シェフは、「hoshio食堂」、「居酒屋一州」、「サラヴァ東京」の厨房で腕を振るった料理人・古田一州。Theater 箱舟」上演終了後には、お酒も飲めるバーカウンターになります。「民泊 teppen」のゲストには、予約制で夕食・朝食も提供。瀬戸内の手巻き寿司、小豆島そうめん、島のジビエカレー、鈴木農園の放牧豚肉料理といった小豆島ならではの食事等々、腕によりをかけた「一州の一皿」をお楽しみください。





「Atelier tatin(アトリエ タタン)」
劇場に隣接するトタン小屋を、展示や創作など自由に使える空間にリノベーションします。
海に面した一面に、かつて小豆島の果物屋で使われていた立派な建具をはめ込んで、大きな窓を設えます。窓下には、宮山の木々越しに煌めく内海湾。灯りは、木漏れ日、ランプの灯りのみ。屋根にスプリンクラーを設置し、暑い時は散水して涼をとります。電気なし完全アンプラグドなアトリエ。


上から見たトタン小屋

加藤ちかさんによる「Atelier tatin(アトリエ タタン)」イメージ図



今はこんな感じです


目標
目標額は、末広がりの八十八万円といたします。
改築・新築には、島に眠るお宝や廃材も大いに活用する予定ですが、
資金が多いほど「Shodoshima 开 KAI」の可能性は広がります。一世一代のクラウドファンディングに、どうかご支援のほどお願いいたします。

用途
「Theater 箱舟」
ステージ制作費、お客様用トイレ設置費、木枠のスクリーン制作費など

「民泊 teppen」
トイレ拡張リフォーム費など

「食卓 disshu」
キッチンカウンター制作費、換気扇設置費、水道配管工事費など

「Atelire tatin」
海側の壁を打ち抜いてガラスの建具を入れる、入口ドア改修、
屋根の上にスプリンクラーを設置、骨組み補強費など

小豆島の職人さん、お力添えくださる皆様への謝礼



コース特典紹介
俳優と料理人ならではの、身一つで返せる御礼をご用意いたしました。

・感謝の葉書
感謝の気持ちを込めて、直筆の葉書をお送りいたします。

・オリジナルマグネット
装丁家・グラフィックデザイナー・平野甲賀氏デザイン「Shodoshima 开 KAI」ロゴマグネット。

・オリジナルTシャツ
装丁家・グラフィックデザイナー・平野甲賀氏デザイン「Shodoshima 开 KAI」ロゴTシャツ。
クラウドファンディング限定。

「民泊 teppen」1泊
「食卓 disshu」ランチ+ドリンク
「食卓 disshu」食事(夕食&朝食)
瀬戸内国際芸術祭が開催される今年は、すでに世界中から連日「民泊 teppen」へ予約が入ってきております。宿泊コースでご支援いただく際は、ご来島日程もお早めにご検討ください。ご予約は随時承ります。
有効期限は、2021年3月31日までとなります。

「Atelier tatin(アトリエ タタン)」1日利用権
展示や創作はもちろん、一日バー開店、各種ワークショップ、デッサン会、アコースティックライブ、ボードゲーム大会などなど、自由にお使いください。利用日程は要相談。

「Theater 箱舟」3日間利用権
「Theater 箱舟」を3日間ご利用いただけます。
受付、音響、照明は、多少お手伝いできます。利用日程は要相談。

・松之木天辺 歌謡ショー
シャンソン、ジャズ、オリジナル、オペラ、演歌など、一杯やりながら優雅にお楽しみください。

・小豆島添乗ガイド
島民ならではのオススメスポットへご案内いたします。



・ポートレート撮ります
フォトジェニックな島・小豆島で、素敵な1枚を。最高の撮影スポットへお連れします。
「小豆島フォトジェニッカーズ」会員・松之木天辺が撮影します。
ひたすらに写真を撮って遊ぶ、というのも小豆島でのオススメの時間の過ごし方です。

撮影:立山ひろみ

撮影:松之木天辺

撮影:鈴木美奈子

「Theater 箱舟」年間パス
「Theater 箱舟」での公演の年間パスです(2020年3月31日まで有効)。

進捗状況は、「Shodoshima 开 KAI」サイト内Instagramでも随時更新してまいります。


起案者プロフィール
 

松之木 天辺(マツノキ テッペン)
1998年より7年間、「オペラシアターこんにゃく座」の歌役者として活動。全国各地津々浦々、旅から旅の旅役者を経て、 2004年、「カワイイ子には旅をさせよ」と一座を飛び出す。以後、2004年よりコンテンポラリーダンスカンパニー「黒沢美香&ダンサーズ」、 2006年より「イデビアン・クルー」のダンサーとして踊りつつ、ストリップ劇場から帝国劇場までを股にかけ、ジャンル横断的に独自の道を猪突猛進中。2017年春、縁あって小豆島へ移り住む。

オフィシャルサイト「天辺」



撮影:太田有紀


古田 一州(フルタ イッシュウ)
世の中がDJブーム(20年くらい前)の最中、レコード屋店員やWEBデザインの仕事をこなしつつ、無頼の料理番長として夜な夜なレコードセットの代わりにお惣菜をカートに乗せて、様々なイベントでケータリングを展開していた時代にシャンソン歌手・ソワレ氏に出会い、料理長として渋谷のライブハウス「サラヴァ東京」の立ち上げに参加。その後、新宿二丁目にて櫻田宗久氏のBAR「星男」に間借り、「hoshio食堂」を開業。サラリーマン&ウーマンのランチ胃袋を満たすことを目指しつつ、「居酒屋一州」として東京各地の居酒屋の日替わり女将を経験。その後、再度サラヴァ東京に舞い戻り、その後、松之木天辺氏の誘いで小豆島の「KAI」プロジェクトに参加することに至る。モットーは限られた環境でアドリブのきくミュージシャンのような料理。

Matsunoki Teppen

Matsunoki Teppen

現在地:
香川県
出身地:
新潟県

俳優。小豆島在住。「Theater 箱舟」、「民泊 teppen」、「食卓 disshu(ディッシュー)」、「Atelier tatin(アトリエ タタン)」が有機的につながる、Mountain of Arts and Entertainment「Shodoshima 开 KAI」を展開中。

このプランは 2019年4月21日 の募集期間が終了した時点で、880,000円以上集まった場合のみ、決済が行われます。

3,000円

数量限定:上限無し

【おひねりコース梅】
・感謝の葉書

5人が支援

申し込む

3,000円

数量限定:上限無し

【ランチコース】
・「食卓 disshu」ランチ+ドリンク
・オリジナルマグネット

8人が支援

申し込む

8,000円

数量限定:上限無し

【記念品コース】
・オリジナルTシャツ
・オリジナルマグネット
*2019年7月上旬までにお届けします。

2人が支援

申し込む

8,000円

数量限定:上限無し

【アトリエコース】
・「Atelier tatin(アトリエ タタン)」1日利用権
(有効期限 2021年3月31日・利用日程は要相談)

0人が支援

申し込む

10,000円

数量限定:上限無し

【おひねりコース竹】
・感謝の葉書

5人が支援

申し込む

10,000円

数量限定:上限無し

【宿泊コース】
・「民泊 teppen」1泊
・「食卓 disshu」食事(夕食&朝食)
(有効期限 2021年3月31日)

9人が支援

申し込む

20,000円

数量限定:上限無し

【フォトジェニックコース】
・「民泊 teppen」1泊
・「食卓 disshu」食事(夕食&朝食)
・ポートレート撮ります

1人が支援

申し込む

30,000円

数量限定:上限無し

【おひねりコース松】
・感謝の葉書

1人が支援

申し込む

50,000円

数量限定:3

【劇場コース】
・「Theater 箱舟」3日間利用権
(有効期限 2021年3月31日・利用日程は要相談)

1人が支援

残り2

申し込む

70,000円

数量限定:上限無し

【貸し切りコース】
・「民泊 teppen」貸し切り1泊
・「食卓 disshu」食事(夕食&朝食)
・松之木天辺 歌謡ショー
・小豆島添乗ガイド(運転はお願いします)
・ポートレート撮ります
・5名様までご利用可能

0人が支援

申し込む

100,000円

数量限定:上限無し

【フルコース】
・「食卓 disshu」ランチ+ドリンク
・オリジナルマグネット
・オリジナルTシャツ(希望があれば、ワンポイント刺繍付き)
・「民泊 teppen」1泊(有効期限 2021年3月31日)
・「食卓 disshu」食事(夕食&朝食)
・「Theater 箱舟」年間パス(有効期限 2020年3月31日)
・箱舟にお名前を掲示
・松之木天辺 歌謡ショー
・小豆島添乗ガイド(運転はお願いします)
・ポートレート撮ります
・感謝の葉書

0人が支援

申し込む